不動産鑑定士は、文字通り不動産の価格を鑑定評価する専門家のことで、「不動産の鑑定評価に関する法律」に基いて制定された国家資格です。

まずは国土交通省土地鑑定委員会が実施する試験に合格しなければなりません。
合格者は、社団法人日本不動産鑑定協会の実施する実務修習を受講します。
しこれを修了した後、国土交通省の不動産鑑定士名簿に登録することで、有資格者と見なされます。

土地などの不動産に適正な価格が付けられることを目的としており、国土全体で近郊の摂れた地価が形成されるようにするという、非常に重要な役割を担っています。

不動産の価格は、個人同士の売買であれば、当人同士が納得さえしていれば、高くても安くても問題にはなりません。

しかし、固定資産税のように税金を掛ける場合や、公共用地として買収する場合、銀行などが担保として抑える場合には、客観的な鑑定評価というものが必要になるのです。

それでも普段はあまり馴染みが無いかもしれませんが、例えば年に数回、地価公示という形で全国の土地の価格が新聞などで発表されているのを見たことがあるでしょう。

この価格は、一般の不動産取引で指標として参考にされる大変な重要なものですが、これも、不動産鑑定士による仕事なのです。

不動産鑑定士は、弁護士や公認会計士と並ぶ業務独占資格であり、不動産の鑑定は資格を持っていない人が行うことはできません。

一般にはあまり知られていない資格ですが、不動産関係では最高峰であり、年収や給料が高い職業であると言われています。

また経験を積み、人脈を広げれば独立開業することも可能なのです。